グルコサミンの必要性について

グルコサミンとは

グルコサミンというのは軟骨や甲殻類の殻などに含まれるアミノ糖の一種で、一般的にカニやエビなど甲殻類の殻のキチンから抽出されたものがサプリメントなどに含有される場合が多いです。

 

グルコサミンは体内で生成されますが、年齢と共に減ってくるため、それを補うために近年はサプリメントなど健康補助食品が多く販売されており非常に人気となっています。

 

世田谷自然食品や小林製薬など多くのサプリメント製造会社でもグルコサミンのサプリメントというのは最も売上の多い商品のひとつであり、多くの人がグルコサミンの必要性を感じていることが分かります。

グルコサミンは何から取れるの?

グルコサミンはいくつか種類がありますが、主に蟹の甲羅の部分から取れるキチン質という成分を原材料として抽出されています。その他はエビなど甲殻類の殻の部分に多く含まれ、日常食べるものには殆ど含まれていないためサプリメント以外で摂取するのは難しい成分です。

 

もちろん人間の身体は自身でグルコサミンを作り出すことが出来ます。しかしながら加齢とともにその生成量が減っていきます。この減少を老化として甘んじて受け入れるか、それともサプリメントで補充するか?

 

やっぱりいつまでも元気に歩きたいですから私ならサプリメントで足りない分を補充することを選びます。

グルコサミンの役割とは

グルコサミンは軟骨の成分であり、ヒアルロン酸やコンドロイチンの原料となる成分です。

快適でスムーズな生活をするためには、ヒアルロン酸やコンドロイチンが網の目状に張られているコラーゲンの間を満たす必要がありますが、体内でのグルコサミン量が不足することでそれを原料とするヒアルロン酸やコンドロイチンも生成量が減って不足してしまうのです。

グルコサミンは軟骨成分の原料になる重要な成分