グルコサミンの種類について

グルコサミンの種類

グルコサミンと一言で言っても1種類だけではなく、いくつかの種類のグルコサミンがあります。

グルコサミンは一般的には蟹や海老の甲羅のキチン質のところに含まれており、このキチンを塩酸や硫酸を使って分解してグルコサミンを抽出するのです。

キチン質の分解に使うもので種類が異なる

ここで塩酸を使って抽出した場合は「グルコサミン塩酸塩」といいます。

硫酸を使って加水分解した場合には、「グルコサミン硫酸塩」といいます。

そして最近では、「N-アセチルグルコサミン」という種類のグルコサミンが入っているのを売りにした商品も発売され人気を集めています。

このN-アセチルグルコサミンについては、塩酸や硫酸ではなく「酵素」を使って分解します。

実は人間の体の中で生成されるグルコサミンはN-アセチルグルコサミンなのです。

酵素分解したN-アセチルグルコサミンは自然界に存在するグルコサミン

グルコサミン塩酸塩や硫酸塩は人間の体の中で生成されているグルコサミンとはちょっと化学式的に異なり、体で吸収されるときにN-アセチルグルコサミンに変化します。

よって自然界に存在するというか人間の体にある形そのままで摂取できるため、より吸収率が良いのではと考えられているようです。

塩酸分解したグルコサミンサプリ商品が多い理由

ただ一般的にはグルコサミン塩酸塩を使ったグルコサミンサプリが多いです。これは何故かといえば塩酸を使って成分抽出する方が早いからなのです。

要はコスト的な問題で市場に出回っているグルコサミン商品はグルコサミン塩酸塩を採用したものが多いのですね。

◆グルコサミン塩酸塩を使った代表的な商品

◆N-アセチルグルコサミンを使った代表的な商品